« 下まぶたの脂肪を抜く(2) | トップページ | 美容外科の症例写真に意味はあるのか »

美容外科と形成外科は別物か

形成外科の診療をしていると、患者さんの中に冗談めかして「ついでにふたえにしてもらおうかな」などという方がいます。ところが、「しましょうか?」と答えると、「え?美容手術もここでできるんですか」と驚かれたり...

あのう、うちはきちんと「美容外科」も標榜しているんですが。(看板にもちゃんと書いてあります)

どうやら、形成外科、皮膚科の片手間にホクロ取りやプチ整形程度の「美容外科」もできないことはない、くらいに見られているらしいのです。とんでもない。自慢ではありませんが、そこらのチェーン店美容外科よりはずっと質の高い美容外科治療を行っているんですよ。確かに、いわゆる「美容クリニック」らしくはないかもしれませんが。

患者さんの多くは、美容外科というと女性雑誌にはでな広告を載せて、「カウンセリング無料」で、「脱毛キャンペーン!!」などやっていて、保険が使えなくて、...というイメージを持っているようで、大江橋クリニックのような普通の?クリニックでふたえの手術なんて、ほんとうにできるの?センスはどうなの?と思ってしまうようです。

実は、美容外科は形成外科の重要な一部門で、形成外科を学んだ人ならたいてい重瞼・隆鼻・豊胸・フェイスリフト・脂肪吸引・脱毛・ケミカルピーリングなど一通りのことはできるはずです。(日本形成外科学会のホームページ参照)

たとえばふたえの手術一つとっても、麻酔科や内科など畑違いの分野からいきなり美容外科クリニックに就職して、埋没法のやり方だけを習って手術する医者と、形成外科で瞼の外傷・腫瘍・義眼・眼瞼下垂などの経験をつんで、瞼の構造(筋肉や血管、神経の走行など)を実際に目で見て熟知している医者が手術するのと、どっちが安全かは明らかでしょう。

そうはいっても、得意・不得意というのは確かにあります。形成外科の医者でもあまり美容を得意としていない人もいます。土木工事のような大掛かりな手術を専門にしていたり、骨をいじる専門だったり。

わたしはそもそものはじめから形成外科の中でも美容皮膚科的・美容外科的な分野を歩んできたのですが、自分から進んでそうしたというよりは、そうした分野で日本をリードしてきたといってもいいすばらしい先生方にたまたま多くめぐり合い、さまざまな技術を教えていただくなど、運命に導かれてここまで来たような気がします。

現在の施設は入院設備がない関係で、全身麻酔を必要とするような大掛かりな手術は行えませんが、結構いろんなことをやっていますので、一度ホームページを覗いてみてください。

|

« 下まぶたの脂肪を抜く(2) | トップページ | 美容外科の症例写真に意味はあるのか »

形成外科」カテゴリの記事