« 音楽と美容の共通点(1)古楽器の手入れ | トップページ | 眼瞼下垂症手術と私 シリーズ2 (1) »

音楽と美容の共通点(2)楽器の寿命について

 木工製品に関心のある人なら、切り倒したばかりの新鮮な材木(生木)で作ったものは「狂う(変形する)」ということはご存知だろう。木工製品の原木は、通常何年も寝かされ(乾燥され)その間にねじれたり反ったりひび割れたりした部分を捨てて、「枯れた(形態が安定した)」部分だけを用いて制作される。

 一方で、木の楽器には「寿命がある」とよく言われる。ギターは作られて数年間が最も響きが良いと聞いたことがある。和楽器である琴も、作られて十数年たつと張りのあった響きが徐々に軽くなり、いわゆる「枯れた」楽器になっていくのだそうだ。
 ストラディバリウスのように、制作されて300年も経ってなお「名器」と呼ばれ続けるものもあるが、現存している約650挺の中で現在も素晴らしい音色を奏でつづけているものはそれほど多くはなく、美術館等で保存されているものの多くは「楽器」としての生命を終えて「骨董品」としての位置づけになっているものと思われる。(もちろん、300年間一度も演奏されたことがなく、天才バイオリニスト千住真理子の手に渡って復活した幻の名器デュランティのような例もあることはある)

 木の笛であるリコーダーやフラウト・トラヴェルソなども寿命の長い楽器ではあるが、博物館などに納められて久しい楽器は変形したり収縮したりしており、復元楽器を制作する際に制作された当時のサイズを正確に知ることはなかなか困難であるという。

 こうして様々な楽器についていろいろ調べてみると、どうやら木の楽器は、演奏家の手元におかれて毎日良い音を奏でているとその楽器本来の寿命を全うし、長い間名器であり続けるが、演奏家の手を離れて「美術品」として死蔵されたり展示されてりすると急速に「楽器」としての輝きを失っていくように思われる。

 では、演奏され続けることによって、木の楽器は演奏家から何を受け取るのだろうか。
 楽器は演奏される度に、演奏家の手肌に触れ汗や呼気の水分を吸い、高音から低音まで様々な周波数で周囲の空気を振動させる。ライトを浴び、揺り動かされ、演奏が終われば布で拭かれ、ケースにしまわれる。調律のために部品を回したりねじったりし、そのたびに締め付けられたり緩められたりもする。
 この繰り返しが楽器に生命を与え、日々成長し、寿命をのばすのだろうと思う。

 要素に還元するならば、楽器に長い生命を与える魔法は、日々繰り返される空気の流れ、温度の変化、振動(音)、可動部品の稼働、そして水分と油分の周期的な変化なのではないだろうか。次章以降は、これらについて考察を加えてみることにする。

|

« 音楽と美容の共通点(1)古楽器の手入れ | トップページ | 眼瞼下垂症手術と私 シリーズ2 (1) »

「音楽」カテゴリの記事