« 2018年9月 | トップページ

2018年10月

2018年10月 5日 (金)

大江橋クリニックのホームページ(2)

20181005_101847_2Googleに眼瞼下垂症手術の広告でも出してみようと試行錯誤しているのだがなかなかうまくいかない。眼瞼下垂症手術を希望してこられる方に前もって少し基礎知識を頭に入れておいてもらうと、診察がスムーズになり、適応がない患者さんに長い時間かかって保険がきかない理由を説明する手間が省けるのではないかと思っているのだが、その前に広告を表示してもらえないので困ってしまう。

原因がわからず色々と試していたら、なんと形成外科のトップページがアダルトサイトだと誤認されていることに気づいた。症例の一部に乳首が写っており(もちろん乳頭形成も形成外科の重要な手術の一つ)、イメージ写真にもちょっとコミックな女性の体の写真を使ったので、Googleさん誤解するらしいのだ。「優秀な」アルゴリズムで自動化されているらしく、おそらく苦情を受け付けてもらえないので、仕方なくトップページの写真を差し替えることにした。というわけで、重複乳頭(乳首が二つある)の合体という比較的珍しい症例写真ももうじきトップページから消えます。手術中の写真も挙げたいのだが、例えば前医の手術で体内に残った糸を抜糸する様子を挙げたところ、彩度を落とし鮮血が見えないよう加工しても「ショッキングでグロテスクなコンテンツ」と言われてリンクを貼ってもらえない。
情報を欲しい人と提供したい人がいて、それをマッチングするインフラとしてGoogleは優秀だと思うのだが、医学的な写真はどうしても素人には刺激的なものになるのだろう。それでもこれくらいは認めてもらいたい。むしろ素人のいい加減な知識で書かれた嘘の多いページを規制してもらいたいと切に思う。

« 2018年9月 | トップページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ